nene

ドイツの生活

~私のエスコラニア~スペイン、カタルーニャに行ってきました☆Part10

次の日、月曜から木曜までは、普通のミサが行われました。

お昼13時の「サルベとビロライ」、夜の「べスパー」。

月曜、お昼のミサに早めに行きました。

なんだかやっぱりお国柄か、せっかく予約してQRコードスマートフォンに保存しても、ほとんど確認しないんですよね。まあいいけど。

「サルベとビロライ」、昔と変わりありません。

エスラニアが背の順に整列して入場してきて、また背の順に整列して退場していく。

そして人は変わっても変わらず同じ「サルベ」(毎日違う歌)を歌い、「ビロライ」(毎日同じ歌)を歌う。

美しい歌声。

O君は譜面台を運ぶ仕事をしているのでその姿も確認します。

昔の団員友達、今回一緒にレストランに行ったMも昔、譜面台を運ぶ仕事をしていました。

優しい気持ちになれたお昼のミサでした。

 

夜のミサはエスラニアは19時10分あたりから入ってきます。

参拝者席の前方、目の前で歌うので大好きです!

f:id:fork_to_spoon:20210623041732j:plain

私は当然、一番前の端に座りました。その方が祭壇で歌う時、見えやすいからです。

団員達が目の前に入ってきます。

O君が譜面台を持ってみんなの後から入ってきました。

その姿の美しい事!見惚れてしまった!

こういうのって持って生まれたものなんですよね。

そして、譜面台を指揮者の前に置き、後列の自分の定位置に歩いてきます。

そのすべてのしぐさが美しい!

その時、O君が私のほうに向かって歩いてくることになるので、向かい合わせの時間が出来るのです。手の届きそうな距離で。

そうしたら、O君が私をじーーーーっと見つめてくるのです!!

えーーー、なんか目が合ってるんですけど、どうしたらいいのかな、と私はわざと他の団員のほうへ目をやっちゃいました(笑)

なんか昨日からよくこっちを見てくると思っていたけど、これは近すぎる!

マスクをしているので表情は分かりにくいけど、とても優しい目で見つめてくるのです。

え、なになに、なんで?

14歳の男の子が私にまさかそういう態度をとると思わなかったので、私はびっくりしたのと、なんだかドキドキしちゃうのと。

少女漫画の世界か。いい年をして。

そんなことをされるとドキドキしちゃうわけですよ。

O君、思わせぶりな奴だな。罪な奴め。

始めそう思いましたが、私はせっかくここに来たのだし、全部楽しまなきゃ。

O君が私を見てくるなら私もO君の目をきちんと見よう。

その日から私たちのアイコンタクトが始まりました。