nene

ドイツの生活

~私のエスコラニア~スペイン、カタルーニャに行ってきました☆Part17

その後、バタバタとしており続きが今となってしまいました。

 

サラールのコンサートの次の日、また昔のエスラニア団員友達Mと会うことになりました。

彼は本当に面倒見がよく、他の元団員Fにも連絡を取ってくれました。

FはMのエスラニア時代からの大親友で、私もよく連絡を取っている団員友達の一人。

Fは子供が2人いて、いつか自分の子供たちに会わせたいって言ってくれていました。

しかしその時Fはコロナ禍で久しぶりに仕事が再開したばかりでした。

ということで仕事が忙しくなり今回は結局Fには会えませんでした。

残念。でも今度はFやFの子供たちと会いたいな。

f:id:fork_to_spoon:20210706023449j:plain

昔、MやFとしょっちゅう行き来したモンセラートの階段。

 

サラールでのコンサートでの宿泊地はモンブランクでした。

帰りも行きと同じイケメン運転手に迎えに来てもらいました。

やっぱり爽やかイケメン。

しかも見た目、エスラニアの団員と間違うくらい若く見える。

たぶんPが私が彼といる姿を見かけたら、団員といると間違って駆けつけてくるんじゃないかな(笑)そんなことも考えた。

コンサートの後すぐに帰ってきたものの夜が遅かった。

しかし次の日は朝早くここを出たかったのでシャワーを済ませて、その後は「ドイツ入国表」をネットで記入。

 そして次の日、バルセロナでコロナテストを済まさなければなりません。

コロナ禍での移動は例えEU内であっても普段よりチェックが多く、余計なことに時間を割かれます。

ちなみに現在はドイツとスペイン間のコロナテストはドイツからスペインは必要だが、スペインからドイツは必要なくなりました。

そして「ドイツ入国表」も必要なくなりました。

しかしこれもいつまでか分かりません。

感染状況によって制限はいつでも変わりますから。

 

 

この日は土曜だったのでメディカルセンターは長くは開いていません。

ここでまたまたハチャメチャーヾ(。>﹏<。)ノ

電車で行ってもバスで行っても時間はそう変わらないし、どうせなら昨夜はコンサートで遅かったので、出来るだけ朝が遅いバスの方を選びました。

が、が、

バス時刻表をしっかり把握していなかった私。

乗るつもりだったバスは平日のみ・・・・、次の便は期間限定運行・・・、などなど後で分かりました。

カタロニア語のみの表記でよく理解できてなかった。

なんかいつまでたってもバス来ないな~って思って近くの人に聞いたらそういう事でした!

やばいぞ。コロナテスト受けるには他の行き方でも何としてでも14時までにはバルセロナに着いてなきゃ!

自分で正確に調べる自信がなくここでC夫婦の力をお借りすることに。

彼女によるとタラゴナから高速列車に乗るのが一番早い方法とか。

時間も調べてくれました。

とりあえずやっと来たバスに乗りタラゴナへ。

着いたところ、駅ではなく謎の場所。

タクシーを見つけたのでそれに飛び乗りました。

タラゴナの駅、2つあるけどどっち?

って私はタラゴナの駅、往路に着いた駅しか知らなくてそっちだと思って行ってみたら違うかった!

私が乗りたい高速列車のタラゴナの駅はもう一つの駅だった。

またそこまでタクシー。

何とか列車に間に合いました。

C夫婦はその後、私が予約してるメディカルセンターと連絡を取ってくれていたようで、そのメディカルセンター私が着く頃にもう閉めてしまうそう。

え~、なんで~。

で、他のメディカルセンターを紹介してくれたらしく一安心。

ちなみに高速列車、なかなかなものでした。

日本の新幹線とまではいかないものの走行スピードが速く、お客さんの層もお金持ちっぽい感じ。

バルセロナについて無事に紹介してくれたメディカルセンターでテストを受ける事が出来ました。

C夫婦に大大大感謝~!

結果は陰性。これも一安心。

で、先日泊まったスペイン広場近くの同じホテルにチェックイン。

M達とは彼の実家付近で会う事になっていたので、そこまでの時刻表をチェック。

 

 ホテルからサンツ駅まで歩き、そこから列車で海外沿いのMの実家の駅まで。

胸が高鳴ります。18年ぶりの地。

 

待ち合わせの駅に着くとMのお父さんんが待ってくれていました。

お父さんは英語が全くできません。

でもお互いジェスチャーでなんとなく理解(笑)

太陽と海のコンビネーションが眩しい!

海の色が違う!

やっぱり地中海!

f:id:fork_to_spoon:20210706042057j:plain

海岸にあるバーに着くと、そこにM、Mの弟J,そしてMのカナダ人の奥さん(実際にはビザの関係でまだ結婚できないので婚約者)が待っていました。

Mの奥さん初対面。化粧っけがほとんどないナチュラルな感じの人。

 

そこでMおススメのカクテルをみんなで飲みながら、Mの親戚JR家族を待ちました。

私がお腹空いてるのではとMはアンチョビとパンコントマテを注文してくれました。

本当によく気が利く。

ちなみにパンコントマテはパンにトマトをこすりつけるシンプルなカタルーニャー料理。

昔、M宅でもよく食べました。

f:id:fork_to_spoon:20210706041947j:plain


そうこうしているうちにJR家族がやって来ました。

18年ぶりに会います。

当時2歳だったMRはすっかり大人になって大学生。

そしてその後MRの妹Lができてお年頃の15歳。

みんなで私が持ってきた昔の写真を見ながら花が咲いたり、今のことで話が盛り上がりました。

地中海の風、本当に気持ちがいい。

気温はそこまで高くないが太陽の下は日差しが強く、海に入っている人もたくさんいました。

ビーチで焼いている人もたくさん。

その後、今度はMの家へみんなで移動することになりました。