nene

ドイツの生活

~私のエスコラニア~スペイン、カタルーニャに行ってきました☆Part14

サラールに行く早朝、モンセラートの山が霧がかってとても幻想的な景色を見る事が出来ました。

f:id:fork_to_spoon:20210626023200j:plain

 

サラールに行くにはまずバルセロナに行けなければいけないので、また登山列車と電車で。

モンセラート、今度来るのはいつだろう。

またね。

往復切符を買っていたのでスムーズに行けました。

バルセロナからタラゴナまで列車で行き、タラゴナからバスでモンブランクという、その日宿泊する町まで行く予定でしたが、窓口で聞くとモンブランクまでは電車も出ているという事で電車で行きました。

車窓さんが優しく、モンブランまであと何駅か、駅の名前を紙に書いてくれ、駅に着くときも「次だよ」と教えに来てくれました。

ローカル線。車掌さん、優しい。

この町のことはあまり調べていませんでしたが、とても歴史的な雰囲気で気に入りました。

f:id:fork_to_spoon:20210626024025j:plain

お城かと思っていたら、昔この町を囲んでいた壁だそう。

サラールの往復でお世話になったタクシーの少年(少年ぽい若さがあった青年)に聞きました。

f:id:fork_to_spoon:20210626024249j:plain

 

f:id:fork_to_spoon:20210626024334j:plain

ホテルの部屋の窓。

ホテルのオーナーさん、英語が出来なかったけど、一生懸命カタロニア語で私が分かるようジェスチャーで、時にはパソコンの翻訳機能を使いながら対応してくれました。

みんな親切。

f:id:fork_to_spoon:20210626024520j:plain

さてこのモンブランクからサラールまでの交通手段は車のみ。

なぜモンブランクを宿泊地にしたかというと、サラールにはホテルがなかったから。

どんなことやねんって感じですね。

て事でホテルのオーナーさんにタクシーを呼ぶのを手伝ってもらいました。

来てくれたのが少年ぽさを持つ青年タクシードライバーさん。

イケメン。

そして親切、そしてフレンドリー。

サラールまでは車で20分程。

教会が2つあるようで、エスラニアのコンサートがある教会を探してくれて、車を止めて一緒に教会まで歩いて連れて行ってくれました。

みんな本当に親切。

カタルーニャ万歳。

 

さて、教会の中にはエスラニアが舞台に立っているのが影となって分かりました。

この日は非常に温かく太陽ぴかぴかで外にいる人が中からよく見えると察しました。

「また来てる」とか思われたくないし(←本当は悪いことをしているわけでないが)、なのでとりあえずそこから去り周りを散策することに。

f:id:fork_to_spoon:20210626030222j:plain

コンサートのポスター



f:id:fork_to_spoon:20210626030354j:plain

この狭い階段、とても有名みたいですよ~。

 

f:id:fork_to_spoon:20210626030626j:plain

f:id:fork_to_spoon:20210626030939j:plain

f:id:fork_to_spoon:20210626031058j:plain

教会の裏

しばらく散策して教会へ戻ると、少年たちは表に出ていました。

私はPの言った「少年たちと直接のリレーションシップはやめてください」が真面目なので頭から離れなかったので、少年たちから逃げるようにさっさと教会の中へ。

f:id:fork_to_spoon:20210626031920j:plain

f:id:fork_to_spoon:20210626031956j:plain

f:id:fork_to_spoon:20210626032119j:plain