nene

ドイツの生活

私がかつて愛したボーイソプラノソリスト⓵

2005年にイギリスのメディアに登場した「クライヤーボーイズ」(Choirboys)。初代グループはベン、パトリック、CJの3人組の少年グループでその後何代か続きましたがここ最近はないみたいです。その初代のグループのベンの歌声が昔大好きでした。3人の中で一番背の高いのがベン。
ベンが所属していたサウスウェル大聖堂聖歌隊でのソロ。
成熟して堂々とした歌声で安心して聞いていられました。

実は私、ベンの歌声に魅了されてサウスウェル大聖堂に聞きに行ったことがあります。その時ベンやご家族とも会いました。またその時の事は後に書きましょう。

会ったことがあるのはベンだけでパトリックとCJには会ったことがありません。パトリックとCJはイーリー大聖堂聖歌隊の団員でした。「Tears in Heaven」でソロだったパトリック、残念なことに数年前に列車に飛び込み亡くなりました。自殺でした。
少年らしい可憐な歌声を持ってました。一番上の動画で「The Lord is my Shepherd」を歌うパトリックの声もすごくいい。容姿も金髪で可愛く繊細できれい。自殺した当時、精神病院に入院中で1日外出の許可をもらっていました。心を病んでいたのですね。この知らせを聞いたとき、とてもショックでした。ご冥福をお祈りいたします。

ベンはその後、しばらくケンブリッジセントジョンズカレッジ聖歌隊の男声で歌った後、今も音楽活動を続けています。

CJはどうなのでしょう。