nene

ドイツの生活

-17度から+20度まで体験した2月

タイトル通り、今年の2月は温度差が半端なかったです。1か月で真冬から夏まで体験しました。

こんなの初体験、っていう-17度。

顔が痛い。

ドイツ人は元々マスクをつける習慣がありませんがこの寒波でマスクをつけると温かい、ということを習ったみたいで外でもマスクを付けて歩いてました(笑)

f:id:fork_to_spoon:20210305053016j:plain

いろんな表情の雪だるまが中庭にいた

近所の公園の池の変化を語ります。向こう側に見える塔の建物は市庁舎です。手前は橋ですが上は歩道になっていて、下の窓がたくさんあるとこは地下鉄の駅になっています。

f:id:fork_to_spoon:20210305054844j:plain

2月8日。超寒かった時期。連日-17度くらいの日が続いてた。最高気温もマイナスだった。池の上をみんな歩いたりスケートしたりしてました。

 

f:id:fork_to_spoon:20210305054626j:plain

2月14日。天気はいいけどまだ気温マイナスで寒かった。まだ心配ないくらい凍ってた時。

 

f:id:fork_to_spoon:20210305053324j:plain

2月18日。急に暖かくなって気温20度で一日中温かい日が数日続きました。でも相当凍ってたのね。まだまだ溶けてない。この状態でも歩いてる人がいました。やらないほうがいいだろうけど。

 

f:id:fork_to_spoon:20210305053756j:plain

2月24日。だいぶ溶けてきたけど気温20度で太陽が照ってるにもかかわらずまだ凍ってた。

 

今日見たらさすがにもう溶けていつもの池になってました。

f:id:fork_to_spoon:20210305055209j:plain

今日の写真がないから凍る前の写真。

1か月の間に30度近い温度差を体験したのでした。

2月に20度になって鳥が春になったと間違ったのか2月から盛んにさえずっています。クロウタドリも2月から歌っていておや?それともクロウタドリは以前から2月から泣いていたのかな。とりあえず冬は泣かない鳥です。

容姿も歌声もきれいなクロウタドリ。真っ黒な体に黄色のくちばしがかわいい。人間が近くにいても気にしない鳥。ドイツで、たぶんヨーロッパ全土で見られます。私は日本では見たことありません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。