nene

ドイツの生活

今年のクリスマスの過ごし方

クリスマスは「クリスマスハウス」の義父母の所へ行っていました。

24日から今までかなり寒い日が続いています。

雨が降ってみたり雪が降ってみたり。

最低気温-13度まで下がりました!

寒すぎて外にあるすべて物が凍ります!

 

 

クリスマスツリーは本物のもみの木です。↓

 

f:id:fork_to_spoon:20211227202007j:plain

クリスマスプレゼントは流れで24日から開けました。

25日に主人の叔母家族が来たのでその時もまた開けました。

 

料理は七面鳥とトルコで食べたMantiを頂きました。

時間と手間をかけて作った手料理、とても美味しかったです☆

 

焼いている間に何度かオーブンを開けて汁を肌に掛けます

f:id:fork_to_spoon:20211227223300j:plain

f:id:fork_to_spoon:20211227222931j:plain

 

取り分ける作業

f:id:fork_to_spoon:20211227224112p:plain

 

Mantiの皮から作ります。

皮の中にミンチ。

f:id:fork_to_spoon:20211227202128j:plain

 

湯がいて

ガーリックヨーグルトと溶かしたバターとチリパウダーをかけます。

f:id:fork_to_spoon:20211227202310j:plain

 

七面鳥は2羽でたくさん残ったので義母が私たちに持たせてくれました。

他にもシチューなど色々持たせてくれたのでしばらくは料理しなくていいくらいです(笑)

 

義父母宅には暖炉もあります。

f:id:fork_to_spoon:20211227230323j:plain

近くにある自分の森の木を刈って薪にして燃やすのです。

24日から極寒でしたが幸い天気は良かったです。

朝9時前の日の出直後。

f:id:fork_to_spoon:20211227230903j:plain

 

 

昼間の空。空気はめちゃ冷たい!

f:id:fork_to_spoon:20211227230946j:plain


庭には開催5日前に中止することにしたクリスマスマーケットのスペース。

もう準備がほぼ完了していたので台の上には色々なものが並べられていました。

それをとりあえずビニールシートでカバーしていました。

 

f:id:fork_to_spoon:20211228004955j:plain

f:id:fork_to_spoon:20211228005249j:plain

f:id:fork_to_spoon:20211228005315j:plain

f:id:fork_to_spoon:20211228005453j:plain

f:id:fork_to_spoon:20211228005613j:plain

ドイツは24日はクリスマスイブ、25日は第一クリスマスの日、26日は第2クリスマスの日です。

日本はすっかり年末モードなんだろうなと思いながら記事を書いています。

こちらドイツはお正月は大みそかから新年にかけてバンバン花火を打ち上げておしまい。

1月2日から普通の日になります。

お正月はクリスマスの延長で1月10日くらいまでツリーを飾ります。

 

帰りの車の窓からは綺麗な雪景色が見れました。

木の枝にも雪がかかっていました。

日が当たると雪は一層綺麗ですよね。

f:id:fork_to_spoon:20211228014048j:plain