nene

ドイツの生活

~私のエスコラニア~スペイン、カタルーニャに行ってきました☆Part2

5月20日、ベルリンの新空港「ベルリン・ブランデンブルク国際空港」に朝10時50分のフライトのため大体1時間半くらい前に到着。

混雑はありませんが今はコロナの検査結果や到着国のデジタル健康チェックリストなど空港でのチェックが多くチェックインカウンターでは普通に行列ができてました。

セキュリティーチェックではスムーズにいっていたと思ったら、私の前の人に何かあったのか彼の持ち物にやたらと時間がかかっていました。私の後ろにもたくさん人が待っていて、そのうちみんなヤキモキしてました。私は思い切って係りの人に「今何時ですか?○○時が搭乗時刻なんですけど」と言いましたが「私は何もできないわ。いつ終わるかわからないわ」とドイツらしい答えが返ってきました( ಠωಠ)

他の人も似たようなことを聞いてましたが「じゃあ、他の列に並んだら」という対応。他の列も行列ができてるし。その後少ししたらやっと進みだした。ほっ。

しかし駆け足駆け足。wwwww(┛〃° Д°)┛

実はこの新空港は去年の9月、試験運行に参加した際、中に入れましたがその時は多くの店がまだ建設中でした。今回、タックスフリーのお店もオープンしていましたが覗いてみる時間なしヾ(。>﹏<。)ノ 急いでゲートに向かいましたがこのゲートが遠い事・・・。テーゲル空港より大きい新空港。当然移動に時間がかかるー。

 

 

ゲートに無事たどり着きましたが、結局そこでも行列に並び、フライト出発も30分ほど遅れたという。

久しぶりのフライト。しかも新空港からのフライトは初めて。「ドキドキ」のはずですが、実はこの旅、いろいろ考えることがあり、フライト前日まで本当にいくかどうか迷いがありました。結婚して以来、日本以外の国に1人で10日間も旅をするのは初めて。主人と行こうと思っていましたが、私の昔の友達に会ったり趣味に付き合うことは彼には退屈過ぎて付き合うことは出来ず。当初6月の予定を主人が自分の休暇の都合で急に5月に行って欲しいと。そんな急に!でも行かせてくれるわけだし、彼の要望も当然受け入れるべき。と急いでフライトやホテルの予約。全部自分でしたので安くて時刻が自分に合うフライト、目的地から近い安いホテルとかいろいろ調べるにも時間がかかり、かなり焦って決めていました。しかもコロナがまだ終息してないし、ほんとに行くべきか。でも私には「今が行くべき時である」という確信があった。いろいろな理由が重なり今になりました。まず、エスラニアの一番良くしてもらった友達のお母さんが今年2月に乳癌で亡くなったこと。彼女は私にとって女神のような存在で一緒にいるだけで楽しくて、吸収できることの多い女性でした。そのことを聞いた時はショックでしばらく立ち直れませんでした。

 

forktospoon.hatenablog.com

 彼女の灰を、彼女の要望でモンセラートにまくという事になっていました。

そしてその思い出深いモンセラートに、どうしても生で聞きたいソリスト君がいました。去年エスラニア熱が復活して、ライブを見ていたらその声の美しい事。美声だけでなく容姿もしぐさもすべてが美しくツボにはまったのです。エスラニアは昔から誰か一人がお気に入り、というのは私の中にはなく、みんなが平等に好きでした。お気に入りの団員が出来たのは初めて。そしてそのソリスト君はこの6月に卒業してしまう。

そして母を亡くした昔の友達にも会いたかったです。懐かしい人たちに直接会いたい、と素直にそう思いました。

などの理由がいろいろ重なり今回行くことに決めたのでした。

f:id:fork_to_spoon:20210617035626j:plain

友達のお母さんの灰がまかれたサンミゲル