nene

ドイツの生活

夏時間スタート

3月28日、日曜日から夏時間がスタートしてドイツと日本の時差は7時間になりました。

この時差、どうやって変わるかご存じですか?

夏時間開始の際には、時計を1時間進める

 

夏時間終了の際には、時計を1時間戻す

 

夏時間は3月の最終日曜日に始まります。夜中の2時になる瞬間から3時になります。パソコンやスマートフォンでは自動的に01:59 の後いきなり03:00と表示されます。ようするに2時がなくていきなり3時になります。なので寝る時間が1時間短くなります。

冬時間はその逆で、夜中の3時が2時になり、2時が2回あります。02:59の後 02:00と表示されます。なので寝る時間が1時間増えます。

 

日曜日お仕事の方は気を付けなければいけません😌

 

一度、興味本位で夜中まで起きてパソコンの時計を眺めていたら上記のように表示されて面白かったっていう。暇人です🤣

 

7時間差は、日本がお昼の12時の時、ドイツは朝の5時です。ドイツのほうが時間が遅いです。この時差が結構大変なことがあり、仕事をしていると日本に電話を掛けたくても夕方5時は日本は夜中の0時であり、そうかといって朝は時間ないし。ラインなどのメッセージも日本からは夜中に来たりするので睡眠中は必ず着信音をオフにしています。

 

夏時間になったので、少しの間だけ朝は少し遅く明るくなります。そして夜は遅くまで明るくなります。それでも一番日の長い時は朝4時から明るくなるので、ブラインドを下ろしていないと目が覚めちゃう。夜は今のところ、20時くらいまで明るいです。一番日の長い時は22時半くらいまで明るいです。

冬時間の時はその逆で、一番日が短い時は朝は9時ごろにやっと明るくなり、15時くらいから暗くなります。そして日中もグレーの空で暗くて寒い。鬱になりそうです。

 

ドイツ人は夏が大好きですが、ドイツに来て私もその気持ちが分かるようになりました。